2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「経済・政治・国際」の478件の投稿

2022年9月26日 (月)

召集令状を赤紙と表現するのは何なの

ロシアの予備役部分動員の報道で、召集令状の事を赤紙と表現しています。
果たして日本国民のどれだけの人が、これを分かるのでしょうか。

ほんでね~。まだね~。

2022年9月24日 (土)

申請が伸びない原因を特定しないままのマイナポイント延期は稚拙過ぎる

政府は、マイナンバーカードの普及を進めています。
今年度末までの目標が8,000万枚。
しかし、保有率は50%を少し超えたくらいです。

笛吹けども踊らず。

何で伸びないか、真の原因を特定しないとダメでしょう。
一度延期を止めて、冷静になって欲しいです。

恥ずかしくは無いと思います。
新たな対策も打たずに期限を伸ばすだけなのは、センスが悪いと感じます。

ほんでね~。まだね~。

2022年9月23日 (金)

政府は実施した結果を常に振り返る必要がある(為替介入)

これまで口先介入で「やるやる詐欺」を繰り返してきた政府が
ようやく為替介入に踏み切りました。
遅すぎたような感じがします。

政府は実施した政策について、常に結果を振り返る必要があります。
初期の目的を十分に果たしたのか。
問題があれば、改善・改革が必要ですね。

介入で5円程度、レートを戻したようです。
一過性で終わっては、意味が無いように思います。
この後も同じように、継続できるかがカギになるのではないでしょうか。

ほんでね~。まだね~。

2022年9月21日 (水)

同じ事を何度も繰り返すのが丁寧ってどうなのよ

岸田さんは、丁寧に説明すると言って、同じ事を繰り返すだけ。
日本国民は、総理大臣にここまで馬鹿にされましたね。

世論調査で政府の支持率が下がり続けてます。
自民党の支持率も下がっています。
岸田さんは、世論調査の結果に一喜一憂しない、と強がっています。

聞く力って、都合が良い事とか自分の地位を守るとか、大物政治家の意見とか。
相手を選んでちゃ、ダメだと思います。
国民の意見を無視して、どうやって支持を向上させるのでしょうか。

ほんでね~。まだね~。

2022年9月14日 (水)

為替レートへの口先介入から一歩踏み出せるか見ものだな

円ドルの為替レートについて、これまでは口先介入を貫いてきました。
そこから一歩踏み出せるのか、市場と岸田政権の我慢比べでしょうか。

2022年に入ってから約30円も円安になったのに、ずっと注視だけでしたから。

ほんでね~。まだね~。

2022年9月13日 (火)

丁寧じゃないと認識していても岸田さんは同じ事を繰り返すしかない

週末の世論調査で、岸田政権の支持率が下がったとネットで見ました。
そりゃそうでしょう。

安倍元総理の国葬について、「国民に丁寧に説明する」と約束してました。
しかしこれまでと同じ説明を、ただただ繰り返すだけ、でしたね。

何を言われようが、そうするしかないのだと思います。

国民目線ではなく、自分目線が勝っているのでしょうか。

ほんでね~。まだね~。

2022年9月 8日 (木)

国葬をやってもやらなくても批判が治まらないのならやるでしょう

安倍元総理の国葬について、閉会中審査に岸田総理が出席します。
丁寧に説明する、と言っていたのだから当然です。
本来ならば、臨時国会を開いて、じっくり説明するのが良かったですね。

ここで、どんな説明をしても野党はともかく、国民の大多数が納得するとは思えません。

突然中止すれば、これまでの準備が水の泡。民間の関係者にも迷惑をかけるでしょう。
やってもやらなくても批判を浴びるのであれば、突き進むしかないですね。

多くの人は、そういう総理大臣を下野させる覚悟が無かったですね。
日本国民も大きな責任を感じて欲しいです。

閉会中審査を見た後の世論調査がどうなるか、楽しみです。

ほんでね~。まだね~。




2022年9月 7日 (水)

為替相場に影響力が無いと認識しても「注視していく」と言わざるを得ない政府

安倍元総理の国葬儀予算は、追い込まれて方針転換し実施前に公表しました。

為替相場については、どんなに変動しても「注視していく」を繰り返しています。
本日2022年9月7日は前日比の円ドルレートが2円も円安となりました。

こちらも追い込まれていますが、相場介入はどうも難しいようです。
アメリカの同意が無いと、日本独自では無理みたい。

やっている感を出すためには、それを言うしかないのでしょう。
岸田政権は、八方塞がりになってますね。

明日2022年9月8日の閉会中審査がどうなるか楽しみです。

ほんでね~。まだね~。


2022年9月 6日 (火)

追い込まれてから行動するのは聞く力とは無関係で実に情けない

追い込まれてから、渋々行動するのは見てて情けなくなります。
安倍元総理の国葬儀に関する費用公表について、方針を変えました。
政権支持率の低下もあり、国民の声を無視できなくなったのだと思います。

岸田総理の「聞く力」とは、違いますね。
それにしても、こんなに簡単にぶれる政権も珍しい。

決めるべき事を素早く決めず、素早く決めた事には理解を得られない。
総理自身もそうだが数多くの取り巻きは、何をしているのでしょうか。

ほんでね~。まだね~。

2022年8月31日 (水)

ビジネスと政治では計画の重さが違う

ビジネスでは当たり前。
きちんと計画をして物事を進めます。
計画の内容や精緻度は、何をやるかによって異なると思います。
民間のビジネスでは一般的に、目的や手段、期間、費用、人的リソース、
ステークホルダーなどを計画します。

しかし、政治の世界は違うようです。
全てを民間ビジネスと同列に扱えない事も、理解しているつもりです。

安倍元総理の国葬儀の警備費は、事前に公表しないとしました。
海外からの参加人数が確定していない、は言い訳になっていません。
明確になっていなくても、予想しないと警備計画を作れないと思うのですが。
分からなければ想定値で、考えるのが民間のやり方かと。
そのように想定した理由も、説明できるようにしているはずです。

国民としては非常識でも、当たり前のように言うのが政治なのだ、と改めて感じました。

ほんでね~。まだね~。


より以前の記事一覧