2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 左手首痛はじん帯のねん挫と診断 | トップページ | デジカメケースのクッションを手作りした »

2023年7月24日 (月)

老人の病気にかかりました

最近気になっていた症状があるので、皮膚科に行って来ました。
左頬のできもの。
4~5年前に肌色でいぼ状のができました。
ほとんど変化無かったのに、今年に入って急に成長し出し、少し赤くなってきました。
急に大きくなったのが、すごく気になります。
痛みや痒みは無く、触っても感覚がありません。

診断結果は、脂漏性角化症(しろうせかくかしょう)というもの。
一般的には、老人性イボと言うそうです。
年配者の皮膚に発生する良性腫瘍でした。

お医者さんからは、悪性ではないので治療しなくても問題ないとアドバイスがありました。
保険治療ぼ冷凍凝固法を教えて頂きました。レーザー除去は保険が効きません。
液体窒素を患部にあて、細胞を凍らせて破壊します。
少し痛みや腫れが出る事があり。
2~3週間間隔で実施し、イボ状のものが取れて平面になれば、治療終了です。

放置して大きくなって治療するのと今するのとどちらか決めたかったです。
リスクを確認すると治療痕(黒ずみ、やけど跡)が残る可能性があり、大きくなればその面積が広くなるとの事。
すぐできると言われたので、治療して頂きました。
痛みは感じず、2週間くらいでかさぶたが取れるそうです。
治療代含めて、1,500円と思ったより安かったでした。
Img_6856r Img_6857r

ほんでね~。まだね~。

« 左手首痛はじん帯のねん挫と診断 | トップページ | デジカメケースのクッションを手作りした »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 左手首痛はじん帯のねん挫と診断 | トップページ | デジカメケースのクッションを手作りした »