2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 何かを守りたい気持ちは分かるが、本当に今までのやり方に固執する必要があるのか | トップページ | 産地偽装している人が産地偽装品を購入したら怒ると思います »

2022年2月 6日 (日)

尾身さんはもう一度明るい未来を語って欲しい

専門家が政府にCOVID-19対策について提言しました。
それ自体には、特に文句ありません。

しかし、尾身さんの記者会見には残念な部分があります。
以前、「国民は先が見えないと協力しようとならない」、言ってました。
一時はそんな明るい話をしましたが、今回はありません。
逆に「新型コロナウイスルの変異は進行中。ピークアウトはなかなか。」

明るい未来は見通せない、と言うことだと理解しました。
尾身さん、それじゃどれだけ立派な提言をしても厳しいです。
過去の発言にもっと責任を持って頂きたいと思います。

専門家が明るい未来を語る事ができない。
尾身さんは、強いメッセージ発信を期待してますが。
そんな状況でいくら総理が、強いメッセージを発しても。

明るい未来の道具だった、ワクチン・検査パッケージも一時中断。
(知事の判断で全員検査で実施可)
3回目ワクチン接種も思うように、進んでません。

WHOは条件付きながら、「今年中にパンデミックは終息可能」と発表しましたがそれも空しく感じます。

気持ちの問題も大きいのに、がんばる気持ちが起きません。

ほんでね~。まだね~。

« 何かを守りたい気持ちは分かるが、本当に今までのやり方に固執する必要があるのか | トップページ | 産地偽装している人が産地偽装品を購入したら怒ると思います »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

COVID-19」カテゴリの記事

SARS-COV-2」カテゴリの記事

新型コロナウイルス」カテゴリの記事

新型コロナウイルス感染症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 何かを守りたい気持ちは分かるが、本当に今までのやり方に固執する必要があるのか | トップページ | 産地偽装している人が産地偽装品を購入したら怒ると思います »