2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 全血献血の採血前検査方法が変わっていた | トップページ | 報道されないが神奈川県のCOVID-19感染者数累計が240,000人を超えた »

2022年2月 1日 (火)

季節性インフルエンザの流行について専門家も間違うのだからどうしようもない

専門家が、全て正しく見通せない事実があります。
昨年シーズンは、季節性インフルエンザの患者が少なかったので集団免疫が獲得できなかった。
だから次(今シーズン)は、感染者が多いとの見解を出してました。
しかし、現状は前シーズンと同じくほどんど報告されていません。

まだ流行時期は終わっていませんが、このままの状態が続けば予想が外れます。
既存の感染症に対しても、正しい予測(判断)が難しいようです。
人類が初めて遭遇するCOVID-19に関して、精度の高い予想は無理なんじゃないかと思います。

あるいは大事な前提条件を説明しないから、間違った解釈をされたかも知れません。
COVID-19対策としてのマスク着用、3密回避、手洗い・うがいの励行が無かったら、流行してたかも。

ほんでね~。まだね~。

« 全血献血の採血前検査方法が変わっていた | トップページ | 報道されないが神奈川県のCOVID-19感染者数累計が240,000人を超えた »

健康」カテゴリの記事

COVID-19」カテゴリの記事

SARS-COV-2」カテゴリの記事

新型コロナウイルス」カテゴリの記事

新型コロナウイルス感染症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 全血献血の採血前検査方法が変わっていた | トップページ | 報道されないが神奈川県のCOVID-19感染者数累計が240,000人を超えた »