2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 政策立案から承認に至るプロセスに問題があるとしか思えない文科省の来年度大学入試の対処方針変更 | トップページ | PCR検査陰性で大丈夫だと思うのは正常性バイアスそのもの »

2021年12月29日 (水)

何事も過ぎると良く無い、COVID-19前のめり対策

感染症の専門家が政府にCOVID-19対策で提案しました。
「オミクロン株感染者全員を個室入院させる措置」を変更すべきだと。

このままだと医療現場の負荷が高くなり過ぎる恐れがあるため。
政府は先手と言ってますが、それが「過剰」だと認識できてないかも知れません。

こういう意見を言われないように、コミュニケーションを良くしないとダメじゃないですか。

政府側にも問題あると思いますが、「専門家の有志」はいきなりもの言う集団なのですか。

ほんでね~。まだね~。

« 政策立案から承認に至るプロセスに問題があるとしか思えない文科省の来年度大学入試の対処方針変更 | トップページ | PCR検査陰性で大丈夫だと思うのは正常性バイアスそのもの »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

COVID-19」カテゴリの記事

SARS-COV-2」カテゴリの記事

新型コロナウイルス」カテゴリの記事

新型コロナウイルス感染症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 政策立案から承認に至るプロセスに問題があるとしか思えない文科省の来年度大学入試の対処方針変更 | トップページ | PCR検査陰性で大丈夫だと思うのは正常性バイアスそのもの »