2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« ベイスターズオープン戦の払い戻しについて訂正 | トップページ | 活け造りって、冷静に考えると残酷な料理だ »

2020年2月28日 (金)

無線局免許状変更申請の状態が「補正依頼中」に変化した

2020年1月26日に申請した無線局免許状の変更申請が、「審査中」から「補正依頼中」
に変わりました。前進ではなく、後退です。
メールでも通知があり、「申請内容に誤りがあるので、補正して欲しい」とのことです。
Radiolicense1

依頼の内容は通知書一覧から確認します。
Radiolicense2 Radiolicense3

申請した電波形式(一括記載コード3VA)が無線機(VX-7 技術基準適合証明番号
02KN312)に対応していないという理由でした。
取説のまま指定したが、それが間違いだったようです。

ややこしいのはこの機種、製造月によって技適番号が違います。
保有しているのは旧の電波形式の時代であり、取説も旧型式です。
最新のは、002KN412で電波形式が新しくなった後の機器です。

総務省のサイトで、技適番号から対応する電波形式を調べ旧型式から新形式
に変換します。しかし、対応が一対一ではなく一対多もあるので、002KN412
を参考に指定しました。
02kn312 002kn412
 

操作を間違い新規で変更申請を出してしまったので、それを取り下げて
再度補正した変更申請を提出しました。
(総務省の)担当の方には、無駄な作業をお願いしてしまいました。
Radiolicense4_20200228101601  

ところで、この補正した申請って、待ち行列の最後になるのでしょうか。
そうすると、また一か月かかります。

ほんでね~。まだね~。


« ベイスターズオープン戦の払い戻しについて訂正 | トップページ | 活け造りって、冷静に考えると残酷な料理だ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベイスターズオープン戦の払い戻しについて訂正 | トップページ | 活け造りって、冷静に考えると残酷な料理だ »