2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 検査終了 | トップページ | はじまったか »

2010年12月23日 (木)

検査詳細

携帯からでは、詳しい事は省略しました。

昨日の「注腸検査」。いろいろありました。

 

まずは、検査のために腸の動きを抑える注射の変更。

通常は、「ブスコパン」です。

過去に眼圧が高い事があり、この薬の副作用で眼圧が上昇する。

眼科医が不在だったので、問題発生時に対応ができないとの事で、

「グルカゴンG・ノボ」に変更。

Dscf2118

この薬の副作用は、一時的に「低血糖状態」になる事です。

検査後には、糖分を補給すれば良くなると。

 

検査着に着替えて(穴あきパンツはちょっとはずかしい。。)、前の人の検査完了を待つ。

結構ドキドキものです。パンツに穴空いてますが(笑)。

その人は、「ポリープがいくつかあります。良性だと思いますが、カメラ検査が必要です。」

なんて事を言われていた。

 

名前を呼ばれ、検査室で注射。

普通の注射は、着替えを行う前にやっているのに検査直前でその薬は効くのか?

無駄な心配をしてみる。

潤滑剤を指で肛門に塗る。思わず声が出そうになったよ(笑)。バリウムを注入するチューブを入れる。

検査中は、このチューブが入ったままでした。この姿は、他人に見せたくないぞ。

体を横やうつ伏せ、仰向けに変えながら撮影を行います。

バリウムと一緒に腸を膨らませるために空気も注入します。

注入は、一回ではなく検査中に何度も行うので、途中でお腹が張って結構辛かった。

 

検査が終わり更衣室に戻ったら、胃がむずむずする。

と思ったら、ゲップ。 ?????

バリウムと一緒に注入した空気が、上がってきたものでした。

口と腸がつながっている事を実感しました。

バリウムは検査終了前に、排出しましが空気は長い腸の中に留まっています。

着替えていきなりトイレへ。

これが、思いのほか大変。

出終わったとパンツを上げると、おなかがごろごろするので、また空気を出す。

それの繰り返しで、なかなかトイレから離れられない。

和式だったら、途中休憩が必要だ(笑)。

 

完璧ではないが、腹の空気を抜いて、血糖値を上げるため、病院の自販機でぶどうジュースを購入。

Dscf2120

ところが、栄養成分表示を見たら「糖分ゼロ」って。

Dscf2121

最近は、健康ブームでそういうのが多いのね。

自販機の商品は確認できないからね。

なので、コーラを買い直し一気飲み。

炭酸がきつ過ぎて、できなかったよ。

 

検査の結果、カメラが必要になったらまた検査準備が必要になります。

良い結果がでますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんでね~。まだね~。

« 検査終了 | トップページ | はじまったか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検査詳細:

« 検査終了 | トップページ | はじまったか »